土曜の午後、始めて心療内科へ行った私。

夜からもらったお薬を飲み、翌日の日曜日はお休みでした。


何があっても、とりあえず仕事はないから身体に変化が起こってもなんとかなるか…と考えていました。

感激の目覚め!

 

【ノートより】


こんなにスッキリ目覚められるものなのか?!

…これが朝一の感想。

朝までスコーン、と眠りにつけた感じ。
あのモヤモヤとした頭痛も、ほぼ無し。

一体今までどれだけ浅い眠りだったんだ?
と 思わずにはいられない。


それに、ジェイゾロフト。

一発で効いたの?! ってくらい頭痛が楽になった。

薬の副作用も、今のところ特に感じない。

 

…いやぁ、この日の朝、カーテン開けた時の日差しの眩しさ、清々しさを今でも覚えています。
そのくらい自分では大きな衝撃と感動がありました。

 

処方されたお薬


初回に処方されたお薬の内容がノートに貼り付けてありました。


飲み始めの二週間分です。


この“ジェイゾロフト”というお薬が向精神薬、つまり「うつ病」のためのお薬です。
マイスリーが睡眠薬、セデコパンが抗不安薬ですね。

向精神薬は効き目が出るまで二週間ほど時間がかかると言われ、その間、慣れるまでに下痢や吐き気といった胃腸障害などの副作用に苦しむ方も多いそうです。
他にも、不安感が増したり、不眠になる人も居ます。

私の場合、幸いにも副作用らしきものは出ませんでした。(結構心配はあったのですが)
mg数が一番少なかったせいもあったかとは思いますが、スッキリした感の方が強かったのです。

 

清々しい! …筈だったのに

ですが、これはほんの初めの頃のこと。

何でも “慣れ”てしまうと、そうそう効くものも効かなくなってくるようで…;

「うつは心の風邪」なんて言い方をする場合がありますが、とんでもない! と思います。 だって、数日で「治った」とは言えない病気なんですから。

出だし好調のように思えていた私のうつ病との闘いも、まだ始まったばかりだったのです。