だるい、眠い、気力が続かない… 

そんな毎日を送っている。

外に出ればそれなりに気を張って過ごしはするので
一見すると なんてことない普通の状態にしか見えないだろう。

しかし、家に戻れば体力のなさは如実に現れる。


できる時とできない時があるために
それが『怠け者』という誤解を生む。

自分でもできない時、動けない時のジレンマを抱え込み
不安に駆られ、些細なことにも動じでしまい、感情の波に揺られることも多々ありという ホントに七面倒くさい病気だ。

病気だと認知されにくいのも余計ややこしい。

そんな『うつ病』を抱えてしまった自分。

遡れば 幼少の頃からの親との関わり、本来の気質、環境 etc…
様々な要因によって今の自分は作られているのだろう。

これまでの人生を緩々と振り返りながら
病や生きづらさの葛藤にもがいた日々を、綴れるときに綴ってみようと思っている。