記憶が無くなる、または曖昧になるということも、うつ病になって顕著に表れた症状でした。

頭の中が消しゴムで消されたよう…


初診から2カ月頃、日々夢のオンパレードだった私は、それだけで眠りは浅いわ、疲れるわで、頭もボーっとしていました。

なんの夢を見たかの記憶もおぼろげになり、こんなことを書いていました。

 

【ノートより】

最近 “ 記憶の抜け落ち ”を自覚するようになって、ちょっと哀しい…というか 寂しい気がする。

どんどん どんどん、私がなくなっていくみたい。

いつも “ 私の頭の中の消しゴム ”って言葉が浮かぶんだよね…

 

↑こんな映画がありましたよね…私はまだ見たことないんですけど;

 

記憶がない!!


そうしているうちに、ある日 こんなことが起こりました。

 

【ノートより】


帰宅後、疲れつつ流しの片付け(放置されてた;)
カゴの皿とか片付けながら、ふと食器棚の中にある白いプラスチックの入れ物に気付く。

先日、実家からオカズをもらってきた時のもの…だ…が…

何が入っていたのか 思い出せない。

同じ日に持ってきてあった両手鍋も、何が入っていたか覚えていない。
記憶がスコンと抜けているのだ。

その前にもらった時の物は覚えているのに…

どうやっても、気持ち悪いくらい 記憶にない。 思い出せない。


怖くてしゃがみ込んでしまい、息子を呼ぶ。

「どうしたの?!」 と言われ

「この中に何が入ってたか覚えてる?」と聞いてみる。

イカの煮物とキムチ汁… 
聞いてみて、やっと ああ、そうだった、と思う。

本当にそれまで全く思い出すことができず、それを伝えたらボロボロと涙が止まらなくなってしまった。

 

記憶を失くす怖さ


この時の空白の怖さは今でも忘れられません。

その後、記憶に関しては随分と抜け落ちが見られました。ピースの欠けたパズルみたいに…。

そして、今でもその余波は続いています。


今の担当医の先生曰く、記憶などの高次機能の部分は、一番回復が遅くなるそうです。
なので、急がずゆっくりいきましょう、と言われています。


“忘れる”というのは、辛いこと、悲しいことにとっては素晴らしい機能だと思いますし、人は意図的にそうした記憶に蓋をすることもあるでしょう。

でも、そうでない場合は… やっぱり怖いです。

不確かで自分が何者かも分からなくなる感覚に陥りますし。

“ 記憶 ”に関しては、日常生活においても、一番不具合を生じることとなった症状だと思っています。