コレ、何だと思います?


はい、沢山のノートですね。
実はこれ、私が最初にうつ病になってから約一年近く綴っていた日記&記録なんです。

B6サイズのミニノート約20冊ほど。
ここに私の激動の日々が書かれています。

 

日々の記録(うつ日記)をしようと思った訳


うつの症状として “忘れっぽくなる” というのがあります。

もう正にその通りでして、なんでも書き付けておかないと覚えていられなくなってしまったんですね。

仕事の時は平静を装ってました。
ええ、病気だなんてことは微塵も感じさせないように振る舞っていましたよ。

で、私の仕事はデスクワークでしたので、パソコン作業の合間や昼休憩の時などに、ちょこちょこと症状や気持ちなどを書くようにしていたのです。
(家に帰ると気が抜けて、書ける程の体力は残ってませんでしたが;)


1ページ目には、その日に飲んだお薬の内容や体重等の数字的な記録を記入。

今日はちゃんと薬を飲めているかの確認の意味でもありました。

体重の記録はどのくらいの期間でどれだけの増減があるのかを把握することで症状の度合いが分かりやすくなるからです。

当時、食欲もガタ落ちになっていた私は、体重もみるみる落ちてしまいましたから…;

 

やり場のない気持ちの吐き出し場所


そうした備忘録的な使い方と併せて、とにかく自分の中でモヤモヤしていた気持ちや感情をノートにぶつけてました。

やり場がない、って一番辛いモンなんです。
溜め込んでしまうと、気持ちってどんどん落ちますし。

このノートがあったお陰で救われていたところも大分あったんじゃないかと思いますね。

後々、考えてみたら、これって認知療法に近いんじゃない? とも思いました。

「え、私、結構自然に理にかなった事やってたんじゃん!」

と、自分自身に感心してみたりしましたが(←自画自賛w 苦笑)

 

今、このノートを見返すということ


ここ数年間、このノート達を開く事はありませんでした。

記されていることは過去のことであり、それも辛いことが多々含まれています。
フラッシュバックする可能性だって否定できないでしょう。

ただ、時間というものが緩やかに過去を包んできてくれていると感じられること、

今現在、再発で二度目のうつ病を患いながらも、理解あるパートナーらの支えにより、比較的安定してきた状態となってきたこと、

それら色々なことを踏まえ、自分の過去の振り返りを考えるようになったのです。

 

「二度目」のうつ病患者として

 

うつ病は緩解する病気です。

でも、再発のリスクも大きい病気です。

うつから脱出した人の話や書籍などは一般的に結構あると思いますが、再発となるとどうなのかな? と思ったりもします。

まぁ、そりゃ “良くなりますよ!” という話の方が希望がありますもんね。

でも、実際には発症からかなり長い期間患っている人もいれば、なんとか緩解になって大丈夫だ!と思っていても、再発してトータルのうつ期間が長くなってしまう人など、現在この病気を抱えて長患いしている人の背景は様々だと思います。


正直、緩解してから その後、再発してしまうとショックもあります。
うつ病は再発する度に次の再発率が上がってしまうからです。

でも、1度経験した人間は1度克服もしてるということ。

この病気は“長く付き合っていく”というスタンスを持った方がいいかもしれません。
決して 諦めということではなくて、です。


そんな自分の振り返りや、現在の生活の中から、何か少しでも、うつで悩んでる方々に伝えられたらいいな、と思っています。