イビキとイライラで私の神経に障るため、実家に帰り別居中になった(元)ダンナ。

反抗期の二男のことも含めて話をするために、こちらへ呼び出すこともありました。

そんな別居から2カ月くらい経った頃のある日のお話です。

 

うつノートからの長い文面ですが…

この日は二男の朝帰りとか、ちょっと私が実家でいざこざがあったりとかで呼び出した、といった背景でした。

*注意* (今更ですが)自分の記録だけで書いていたものなので、多少の口の悪さには目を瞑ってください。

 

【ノートより】

午後3:30過ぎ? よーやく(元)ダンナ到着。

なんだか二男もお出かけ支度。

で、誰も洗濯物のことなんか気にしちゃいねぇ;

元ダン「何あったの?! それ聞きにきたんだけど」


…ブンヤかオメーは(怒)


私「その前に洗濯物入れようよ。もう日も短くなってんだしさ…二男も呼んで入れさせようか?」

元ダン「いいよ 面倒くさい」


…結局 また アイツ(二男)は1日何もやらずに済んじまった。
すっげー 理不尽。


で…やっぱり(元)ダンナもタオルは片さないのね…
それに私が一緒にたたんでても何ともないのね…

「たたんどくから 横になってていいよ」

とか、そーゆーの ない人なんだわ。


それに、洗面所の電球が切れた話や、水も大分箱のが無くなってきた話をしてたにも関わらず、6時ごろになったら

元ダン「じゃ、オレ帰るわ」

え~~~っ?!

私「電球とかさ、買いに行ってくれないの?」

と言ってようやく。それでも始めは

「ファミマでいい?」 だもんね(怒)

私「高いじゃん! 今日○○スーパーだと(ポイント)5倍だし、そっちで買ってきて欲しいんだけど…」

 

ちなみに、この時住んでた所は ファミマは徒歩3分、スーパーは徒歩5分でした。



【続き】


そう言って やっと買いに行き、電球と水6本箱を持って帰ってきた。

で、電球取り換えて…(って、普段はそこまで私がやってんのよね…)

6:30頃帰っていった。

帰り際のセリフ

元ダン 「一人の方が落ち着くでしょ」


…いちいち言わんでもえーわい、そんなこと!!


「一人でいるうちは気をつけろよ」 とか、なんでもっと紳士的な言葉が出ないんだろーか。

あーもー、今日もポイント的にはマイナスだな。

 

…ダンナという存在にそこまで求める方が無理があるんでしょうか?
私が贅沢言い過ぎ?!

でも、心身しんどい時だからこそ思うことなんですけどねぇ;

で、その1週間後にはこんなやりとりが。

 

【ノートより】

(元)ダンナが昨日 メールで

「病状を連絡して下さい」 的なことを書いてきたんで、

昼時… うーん、大丈夫かなー、そろそろメールでもしてみるかと思ってたら 向こうからメールが。

そしたら…


「お疲れさま(お茶とキラキラ絵文字) すみませんが 生活費を少し頂けないでしょうか?!」


だと!!

その前にさ、入院中の親族の件で病院でどんな話があったのか とか、昨日の診察はどうでしたか? とか何か先に一言あるだろ!!

ホンッと、気が利かねーーーっ!!(怒怒)


で、Telしたら2回も留守番サービス。

どういうこと?! すぐTelしたのに。

 

もう、何かある度に残念感満載でした。