途切れたノートの後からは、離婚に向けての準備が始まりました。
この先は、拙いながらも記憶に残っている所を綴ってみたいと思います。

 

それぞれの親の反応(実の両親の場合)


私が結婚するとき、母は余り快く思ってはいませんでした。
それは、結婚してからも些細な言葉の攻撃となり、チクリ、チクリと私の心を刺しました。

(元)ダンナに対して理解してもらうよう、良くやってくれている点など、それとなく伝えたりして、結構気を使っていたものです。

絶対に(元)ダンナの愚痴なんて、あっても言えませんでした。

それは、「自分が選んだ人だから」 です。

そこに文句を言ってしまったら、私が私自身を否定してしまう。

「ホレ、見たことか」 と母には思われてしまう。

ずっと そう思い込んでいました。


ですが、私がうつ病になり、そこからの(元)ダンナの態度には、私の両親もさすがに納得がいかなかったようで、私が「離婚」という話を出した時にも、反対は一切しませんでした。

「他の理由なら、なんとか修正するように言ったかもしれない。
でも、今回は離婚という選択で間違っていないだろう」

というようなスタンスでした。

肩の荷が下りたような、かなりホッとしたことを覚えています。

 

(元)ダンナの両親の場合


(元)ダンナの両親に対しては、(元)ダンナが話をしました。

聞いたところによれば


「二人で出した結論なら仕方ない」


との事でした。


はぁ…、やっぱり私ってその程度の存在だったのね、と思いましたよ。


元々、(元)ダンナの両親は、物事全般に対して無頓着なところがありましたので、私の所にも一切何の言葉もありませんでしたし、私から婚家の義両親に挨拶に行くこともしませんでした。

逆に私にとっても、所詮そんな程度の人達だった、と言ってしまえばそれまでですが、

本来なら

「長らくお世話になりました」

とか言うべきだったのかな? と考えた事もありましたけど、当時はとてもそんな風に出向いたりする気力もなかったし、向こうも全く私と会おうとする気がなかったようなので、まぁいいか、とも思っていますが…。

ちょっとモヤモヤ感が残ったところではありますね。

 

最後は当人同士の問題


一応、私は長男の嫁でした。

まぁ、同居していたわけでもなく、田舎のようなしきたりがあるような所ではなかったので、核家族として割と自由に過ごせていた方だと思います。

だから子供達の面倒を見てもらうことも、そんなにはなかったし、盆や正月などはこちらから出向きますが、あちらの親がウチに来るなんてのは年に1回程度でした。

結婚する時、私達は結婚式はやらない方向で希望したのですが、「一応長男だから」と言われて式は挙げたんですけどね。結局、長男…全く関係ないわ、といった感じでしたね。


結婚は家と家との繋がり、というところは確かにありますが、私の場合はそこら辺も希薄だったなぁ、と思います。


私の友人には親に話もしないまま、サッサと離婚届け出しちゃた “事後報告”タイプの強者もいますが…(苦笑)

結局、最終的には当人同士の問題ですから、細かい事グダグダ言われなかったのは、当時のメンタル的には良かったのかもしれません。

というか、私がメンタル疾患になったから 向こうの親に「離婚」を反対されなかったのかな? とも思いましたけど。

アチラの両親がどんな心境だったのか、本心は謎のままです。