地震後、刻々と変化する情報を得ようとアンテナを張っていたのですが、それが段々と苦痛になってきました。
テレビの音が耳障りに思えてしまい、見ていられなくなったのです。

民放テレビがもうダメ;


先ず民放テレビの音声がダメになりました。

自分にとっては、喋り方が早く、トーンが高いために聞いていて落ち着かないのです。
お笑い番組なんてもってのほか。雑音以外の何物でもない状態でした。

唯一、NHKのニュースだけは見ることができたんですよ。
やはり、喋り方やトーンが違っていた気がします。

なので、地震に関するニュースは殆どNHKで見ていました。

 

地震情報収集の反動


地震後の疲弊感は、自分の心身へも影響を及ぼしました。

 

【ノートより】


あんまりさ、地震の番組とか見続けるのもいけないらしいね。

現地の人と同じように、刷り込みされちゃうらしい。

現実なんだ、こういう人達もいるんだからしっかりしなきゃ、情報集めなきゃ…と頑張ってたら、なんだかツケがきたみたいだ;

今日は気が重い。

あの、ウツな感じ。胸がムカムカする…

泣きたい気分。

身体も揺れてるよー

閉じこもりたい… 心が無表情になっていく感じ。

 

段々と、テレビのニュースや映像を見ることが辛くなっていきました。

それだけで気持ちが重くなってしまったのです。

完全なる悪循環でした。

 

今でもテレビは疲れる


今は民放テレビでもバラエティでも見たりしますが、それでも小1時間、ってところですかねぇ。


やっぱりドラマや映画など、ストーリーを追ったりするのに集中力が必要なものは2時間となるとキツイです。
長時間見続けるような放映内容のものは敬遠気味ですね。


かと言ってバラエティは見てるうちに段々音声が耳障りになってきて、ボーダーの1時間くらいの頃からはボリューム落とします。
で、結局途中からはもう見ない、ということが多々あり(苦笑)

よっぽど自分で興味のあるものはそれなりの時間でも見ますが、見た後はどうしても疲れますね。

元々、ながらテレビとか嫌いな方だったので、見なきゃ見ないで構わないもの、というのが私のテレビの位置づけでしょうか。

最近、パソコンに向かうようになった分、余計テレビには無関心になった気がします。