↑ シャレじゃないですよ?(笑)

家庭環境の遍歴がうつに至った原因の一つというのはあるよなぁ、ということで、ザッとその辺の振り返りなんぞをしてみようかと思います。

 

家庭環境的なことを少々

ウチは子供達が小さな頃から、遡れば結婚して子供ができるまでも共働きでした。

とはいえ、決してゆとりがあるわけではなく、私も働かなければ家計が回っていかないという理由からです。

元ダンナは与えられたことはそつなくこなすものの、欲のあるタイプではなく、何度かの転職を経ても生活が楽になることはありませんでした。

私も出産を機に一旦は専業主婦になりましたが、ほぼ年子で生まれた二人の息子を抱え、家事や育児に追われながらも生活に困窮するわけにはいかず、自分もまた働くしかない、と考えたのです。

育児との両立を考え、扶養範囲内でのパート勤めをしていましたが、元ダンナの給料を変えることはできないので、私があともう少し働けたら…というジレンマはいつもありました。
実際、ちょっとしたアルバイトの掛け持ちをしながら同時期で3カ所に勤めていた、という時もあったくらいです。

その頃の私は「亭主元気で留守がいい」というよりは、「家庭を顧みてくれる人」が良かったんですね。

家のことはそれなりにやってくれる人でしたし、子供の行事などに参加することも積極的でしたので、自分に多少負担があっても「まぁいいか」と思うようにしてましたけど…

よくよく考えてみれば、仕事も家庭も両方充実してる男性もいるわけで、どちらか一方、という考え方自体間違ってたと今なら思いますけど(苦笑)

 

オレ様的なところが多々出てきた!

そうして十数年、相当な紆余曲折(←ここではあえて省きますが)を経た後。

子供達も義務教育が終わり、大分手が掛からなくなってきた頃からでしょうか。
元ダンナが今まで残業のあった会社から定時で上がれる会社へ移りました。
それに伴い、知人のつてで、夜からアルバイトに行くようになったのです。

そうしたら、どうも「オレはこんなに頑張ってる」みたいな態度が多くなってきたんですね。

家のことは大体私が仕切ってきていたので、(いわゆる“かかあ天下”ですな)もっと自分ポジションを誇示したいところがあったのかもしれないのですけど…

でもね、アルバイトでも何でも、外で仕事ができるのは、それ相応に家族が協力し合ってるからだと思うんです。
私自身、ずっと仕事をしてこれたのは、先ず子供達の理解と協力があったからこそ、と感謝してますし。

実際、帰宅してからまたバイトに行く元ダンナのために、私は早めに夕食の支度をし、子供達はお風呂の準備をしたり…と皆でサポートしてましたからね。
それまで私なりに夫、父親という存在を立てるようにもしてきていたつもりでしたし。

だから「自分だけが偉い」的な態度は凄くカチーン、ときまして…。

だったら私も同じようにやってやろうじゃないかい!

と、その時は日中の事務パートの他に、深夜のフード系バイトをプラスして働きました。

 

「まだ頑張れる」そう思っていた私


そうして文句言わせない環境を作りましたもの。いやー、ホント、負けず嫌いですよね!(苦笑)この頃はそれだけまだ気力も体力もあったんですよ。

でも、その後もチラホラと気に障るような言動が出るようになってきて、少しずつ感覚のズレを感じるようになりました。

それでもまだ私自身、健康で病気らしい病気もしたことがなく、やってこられたから良かったのかもしれません。

「まだ頑張れる!」 ずっとそう思ってました。

その後、自分でも気付かないうちに蓄積させてしまったツケがやってくるとは、この頃にはまだ知る由もなかったのです。